前へ
次へ

風邪とマスクの関係を知っておく

体に装着するアイテムとしてマスクがあります。
子供の頃な給食当番のときに装着するよう言われたかもしれません。
それ以外には風邪をひいたとき、花粉症の時などに装着するイメージがあります。
マスクにはいろいろな役割があり、それをきちんと理解しておくと良いかも知れません。
まず風邪をひいたときにマスクをする理由として、他人にウイルスを待ち切らさないためがあるでしょう。
何もせずに咳をするとどんどんウイルスを広げてしまいます。
では風邪の予防のためにマスクをするのはどうかですが、予防のためにはウイルスを通さないマスクを用意しなければいけません。
風邪のウィルスは非常に小さいため、そのためのマスクとなるとかなり細かいめが必要になります。
その点からするとウイルスを体内に入れない目的で装着する意味はあまりありません。
ただ口内の乾燥を防ぐ目的としてマスクを装着するのは一定の意味があります。
乾燥が防げればウイルスが侵入するのも防げるかもしれません。

行徳駅前に住む皆様の食べる生活
さくら歯科口腔外科が支えていきます

練馬にある症状改善率95%以上の整体院
圧倒的な改善率を誇るゴッドハンド集団があなたの身体の痛み・悩みを取り除きます。

札幌の介護求人といえばこちらをチェック!

Page Top